機能サンプル 行動履歴(トレース・追跡) ミスターアクセス解析

セッショントレース(行動履歴・追跡・トラッキング)

大きな画像

機能種別トレース

訪問者が、どこから(リンク元)来てどのページに入り(入口)、サイト内でどのページをどれだけ(滞在時間)見ていたのかを追跡し,わかりやすく表現します。訪問者の閲覧履歴をなぞる (trace) ようなイメージです(トラッキングと同意でしょうか)。

本アクセス解析では「セッション」という言葉を訪問 ~ 退出までをひとくくりとした単位として使用しています。各種トレース機能はセッション単位に実現されます。

行動履歴表示機能のバリエーション

リンク元URLで追跡

同じリンク元URLからの訪問をトレースします。

リンク元ホストで追跡

リンク元URLのホスト情報を条件にトレースします。

リンク元URLのドメインレベルで追跡します。

http://www.xenobee.net/ がリンク元の場合、.net , xenobee.net, www.xenobee.net がそれぞれレベルドメインです。レベルドメインを条件にトレースします。

ページトレース

閲覧されたページを元に追跡します。「そのページ」が閲覧されたセッションのみ、集計します。<資料請求完了ページ>にアクセスがあったセッションだけをトレースする、という具合です。

入口ページ、出口ページで追跡

そのページが入口であるセッション、そのページが出口であるセッションをトレースします。

検索エンジン別、検索エンジン&キーワードのペアでの追跡

各検索エンジンごとのトレースと、検索エンジン&キーワードのペアでのトレース、

キーワード(フレーズ)、分解キーワード単語での追跡

ユーザーの追跡

ユーザーIDを条件にしたトレース

訪問者ホストの追跡

ホスト情報を元にしたトレースと、各レベルドメインでのトレース。

成約セッション

成約ページを含むセッションのトレースはキーワード、入口ページ、リンク元ホストといった条件で可能です。

時間帯で

時間帯ごとに全てをトレース表現します。

トレースできないケース

セッションの始まりの検出ができない場合はトレースは行えません。

例えば以下のようなケースでは,セッション及び,ユニークユーザ,入口ページの検出は不可能になります。

  1. 外部からのアクセス(お気に入りやダイレクトアクセスを含む)がない。
  2. 日にち,時間にまたがるアクセスである。
  3. 入口ページに「解析タグ」をセットしていなかったが,移動先のページには「解析タグ」がセットされている。